一人暮らし > 缶詰を活用しましょう!

缶詰を活用しましょう!について

一人暮らしをしている人は、缶詰食材にお世話になっているかもしれません。
缶詰は密封することで、絶対に空気や水、そして細菌などが入らないようなっています。
また、中身も加熱殺菌を完全に施されており、食中毒の原因は一切除去されています。
さらに、保存料や殺菌剤などの添加物が含まれていないので、健康を害することがなく、安心して食べられます。
それどころか、缶詰の加熱殺菌は、完全に密封された真空状態で行なうため、多くの栄養素が、普段の調理法よりも豊富に残っているそうです。

もうひとつの大きな利点として、3~4年という長期保存ができることです。
缶が傷ついていたりしなかったら、10年以上経ったものでも、食べられる場合があるので、保存食には最適です。
また、ほとんどが調理されているものなので、開けたらすぐに食べられます。

最近では、惣菜が缶詰めされたものが出ています。
スーパーやコンビニで売られている一般的な惣菜は、賞味期限が当日か数日となっていると思います。
それだと、必要なときに買いに出かけなければいけません。
ところが、長期保存が可能な「缶詰の惣菜」なら、賞味期限を気にせずに、まとめて買い置きすることもできます。
一人暮らしの男性や、料理が苦手な人にはとても便利ですよね。

缶詰の惣菜の例として、肉じゃが、筑前煮、おでん、カレーなどがあります。
ちょっと贅沢したい人におすすめなのは、有名ホテルの料理がそのまま缶詰になったものです。
毎日の節約のご褒美として、お取り寄せなどして、たまにはプチ贅沢してみるのも一人暮らしの楽しみかもしれません。