一人暮らし > 節約には家計簿

節約には家計簿について

一人暮らしで節約するには、家計簿をつけることが大切です。
家賃や食費、光熱費なんてまったく気にしていなかった実家生活とは大きく違って、一人暮らしは何かと出費がかさみますよね。
知らないうちに、お金がなくなっちゃった!なんてことになったら大変です。
そんなことにならないためにも、使うお金の計画を立てて、何に使ったのかをちゃんと把握する必要があります。
そこで役立つのが家計簿なのです。

一人暮らしだからといって、好き勝手やっていてはいつかお金がなくなってしまいます。
だから、自分のお金の使い道を確認する必要があります。
けれど、家計簿をつけているだけでは、ただ記録を残すだけになってしまいます。
せっかく家計簿を始めるのなら、効率良く役立つようにつけましょう。

家計簿をつける前に、まず、給料日から次の給料日までの1ヶ月間、普段と同じように生活して、お金の流れを把握しましょう。
特に気にして節約をしなくても良いです。
ただし、給料以外のお金は使わないようにしましょう。
1ヶ月にどれだけお金が入り、いくら使っているのかをしっかり確認するために、あくまでも普段と変わらない生活をしましょう。

1ヵ月間の普通の生活をして、お金はいくら残ったでしょうか?
そのお金がその月に貯金できる金額となります。
もし、今月分の給料では足りなくなり、貯金などに手を出してしまった人は注意しなければいけません。
自分の生活をよく見直して、改善させるように心がけましょう。