一人暮らし > 敷金と礼金

敷金と礼金について

部屋を契約する際には、敷金や礼金を支払う必要があります。
それによって、かなり初期費用が高額になってしまいます。
そのため、できれば敷金や礼金を支払う必要のない物件を見つけたい、と考える人も多いと思います。

しかし、敷金や礼金を払う必要がない物件が、全て良い物件とは言えないのです。
中には、何か問題を抱えた物件の場合もあるそうです。
家賃が安かったり、敷金・礼金がなかったりする物件は、入居する人が少ない事情をもつ場合があります。
だから、そのような物件に入居した後に、トラブルが起きる確率が高くなります。

敷金に関しては、退去時にいくらか返還されることもあるので、最低条件として敷金が含まれる物件を探した方が良いと思います。

礼金については、入居する時期によって、あったりなかったりすることがあります。
大学生や社会人となって、新生活を始めるために引越しをする人が増える、12月~3月の間は礼金が必要となることが多いです。
逆に、それ以外の時期には、礼金をなくす大家さんもいます。
引っ越す時期に余裕がある人は、ピークとなるシーズンを避けて、引越しすることを考えた方が良いでしょう。

また、敷金や礼金以外にも、いろいろと費用がかかってきます。
部屋の雰囲気が気に入ったからといって、簡単に契約してしまってはいけません。
これから実際に生活していく部屋なので、見積もりを見て少しでも気になるところがあったら、しっかりと不動産会社に聞いたほうが良いでしょう。