一人暮らし > 節約収納術

節約収納術について

一人暮らしの住まいには、収納スペースが限られていると思います。
だから、賢い収納術を学んで、狭い部屋を少しでも広く使いたいものです。

一人暮らしを始めた頃は、本や雑誌、洋服などの荷物が、それほど多くなかったのではないでしょうか?
ところが、生活していくうちに、気づけば荷物であふれてしまっていることもあります。
けれど、一人暮らしの住まいには、収納スペースがあまりない場合が多いので、自分で工夫して収納する必要があります。

しかし、収納を考える前に、モノを増やさないようにしたり、部屋に置かないようにしたりする心がけも大切です。
その例として、CDや本はレンタルしたり図書館で借りたりすれば、モノが増えることなく、さらにお金の節約にもなり、一石二鳥です。
また、両親に協力してもらって、季節外の衣類などは、実家に送って保管してもらいましょう。

また、少ない収納スペースでも、荷物のしまい方を一工夫すれば、収納力もかなり上がります。
たとえば、雑誌は、残しておきたいページだけを切り取って、スクラップブックやクリアファイルに保存します。

衣類などを収納するときは、押入れ下段を活用して、キャスター付き収納を使用すると良いでしょう。
オンシーズンの衣類は手前に、オフシーズンの衣類は奥に収納することで、衣替えも簡単にできます。

靴箱にしまいきれない靴は、買ったときに入っていた箱を活用すると良いです。
ただ、中にどの靴が入っているのかわかりにくいので、靴の写真を撮って靴箱に貼っておくとすぐに確認できますよ。

そのほかにも、収納グッズをわざわざ買わなくても、工夫次第で収納力がアップする方法がたくさんあると思います。
ネットで検索してみても、良いヒントが見つかると思いますよ。